第3次能代市社会教育振興中期計画

     豊かに生きる 

   活かす  つながる  まなびのわ

 
 
能代市教育委員会では、 社会教育・生涯学習行政として取り組むべき施策や達成すべき目標を定めた「第3次能代市社会教育振興中期計画」(平成30年度~令和4年度) を策定しました。

【目標】
  この計画では、第2次計画目標「ひらく つながる むすぶ」を継承し、学びを核とした活力ある地域づくりをさらに推進するため「豊かに生きる 活かす つながる まなびのわ」を目標に掲げています。
 これは、市民一人一人が自己の人格を磨き、豊かな人生を送ることができるよう、学んだことを地域活動に活かすとともに、支え合う中でつながりを深め、学びの“わ”を広げていくというものです。
 この目標を実現するため、本計画では、次の5つの基本方針を柱として、横断的に連携して事業を推進します。

【基本方針】
1.学びの機会の充実を図り、地域活動に活かします  (学びの機会の提供) 
2.
子どもと大人がともに学び合い育ち合います  (学校・家庭・地域の連携)
3.
ふるさとの誇りを守り伝えます  (文化芸術・文化財の振興)
4.
スポーツによって地域を元気にします  (生涯スポーツの充実)
5.
学習環境の充実に努めます  (施設の適正な管理)


※ 計画書は関連ファイルをご覧ください。