農地の権利取得時における下限面積の引き下げについて


 耕作目的で農地を買受、賃借するには、農業委員会の許可を受けなければならず、農地法第3条の許可要件を満たす必要があります。その一つに「申請農地を含め、耕作する農地の合計面積が5,000㎡(下限面積)以上であること」という要件がありますが、能代市農業委員会は以下のとおり、その合計面積を3,000㎡に引き下げました。
 この引き下げは、意欲ある新規就農者等の参入を促進し、遊休農地の発生防止を図ることを目的としています。
設 定 地 域 下限面積(別段の面積)
市 内 全 域 3,000㎡(30a)
施 行 日 令和3年4月1日

※ただし、空き家に付随した農地については、すでに下限面積を10㎡としております。(令和2年4月1日施行)
 詳細は【空き家と一緒に農地を「売りたい・貸したい」「買いたい・借りたい」方へ】をご覧ください。
 

農地の売買、賃借等の手続について

 詳細は「農地の所有権を移転したい、または農地を貸し借りしたいとき」をご覧ください。
 

関連リンク

・農地の所有権を移転したい、または農地を貸し借りしたいとき
・空き家と一緒に農地を「売りたい・貸したい」「買いたい・借りたい」方へて