能代市主催のイベント等の開催について

 令和2年9月11日付けで、政府より11月末までの催物の開催制限等について、9月19日以降のイベント開催の収容率及び人数上限の緩和が図られることとなり、それに伴い、本市の市主催のイベント等の取扱いについて見直すこととしました。

○9月18日まで
 <屋内>
  収容人数の50パーセント以内とする。(上限5,000人)
 <屋外>
  十分な間隔(できれば2m)を確保する。(上限5,000人)

○9月19日から11月末まで
 イベント主催者及び施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」を確認した上で、消毒の徹底やマスク着用、検温の実施、参加者の把握、密集の回避など、必要な感染防止策が担保され、感染防止の取組を公表している場合には開催制限の緩和ができるものとする。
 収容率と人数上限による人数のいずれか小さいほうを限度とする。


<収容率>
(1)大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの
  例)クラシック音楽コンサート、演劇等、舞踏、伝統芸能、芸能・演芸、公演・式典、展示会等 
  収容率:100パーセント以内(席がない場合は適切な間隔)

(2)大声での歓声・声援等が想定されるもの
  例)ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公営競技、公演、ライブハウス・ナイトクラブでの
    イベント
  収容率:50パーセント以内(席がない場合は十分な間隔)


<人数上限>
(1)収容人数10,000人超  ⇒ 収容人数の50パーセント

(2)収容人数10,000人以下 ⇒ 5,000人


<収容率及び人数上限の緩和を適用する場合の条件に付いて>
・イベント主催者及び施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」により担保され、感染防止の取組が公
 表されている場合
・消毒の徹底
・マスク着用(マスクを持参していない者がいた場合は主催者側でマスクを配布し、着用率100パーセントを
 担保)
・有症状者の出演・入場を確実に防止する措置の徹底(検温の実施、有症状の出演者は出演・練習を控えるこ
 と、主催者が払い戻しの措置等を規定しておくこと等)
・参加者の把握(事前予約時又は入場時に連絡先を確実に把握、接触確認アプリ(COCOA)や秋田県版新型
 コロナ安心システムの利用の声かけやQRコードの提示)
・大声を出さないことの担保(個別に注意、対応等ができるよう体制を整備、ラッパ等の鳴り物を禁止)
・密集の回避(イベントの入退場や休憩時間における三密の抑止)
・演者・観客間の接触・飛沫感染リスクの排除(演者と選手等と観客がイベントの前後・休憩時間等に接触しな
 いよう確実な措置を講じる)
・イベント前後の行動管理(交通機関・飲食店等の分散利用を注意喚起など)


<県への事前相談について>
 秋田県内で全国的な人の移動を伴うイベント(主に観客等の他都道府県からの往来が想定されるもの(選手や出演者等は除く。))又は参加者が1,000人を超えるイベントの開催を予定している場合、主催される方は、県への事前相談をお願いします。
 県への事前相談について ⇒ https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/51207

 


市民や民間団体・企業などの皆さんへ

 市民や民間団体・企業の皆さんにおかれましても、主催するイベントなどの開催について参考にしてください。