生産性向上支援補助金(コロナ対策設備等導入事業)について


◆注意事項
 1 パソコンはその付属品を含めて1台あたり20万円、タブレット及びスマートフォンは1台あたり10万円を上限とする。ただし、タブレットはキーボードが附属している場合はパソコンとする。
 2 次に該当するものは、補助対象経費と認めないものとする。
 (1)既存機器等の買い替えと判断できるもの
 (2)情報通信機器のみ、周辺機器のみの取得と判断できるもの
 (3)高い汎用性があり、目的外使用になり得る機器類(複合機類、カメラ等)
 (4)パソコン等の機能拡大として購入するもの(増設メモリ、UPS、外付けHDD等記録媒体等(購入時のカスタマイズは除く、))
 (5)中古品
 (6)インターネット回線等の使用料、契約事務費、リース料、保守メンテナンス料等のランニングコスト