新型コロナワクチン接種証明書(海外渡航者向け)の交付について

新型コロナワクチン接種証明書(海外渡航者向け)の交付申請について

●交付対象
接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。
(接種日時点での住民票住所地の自治体で発行となります。)
【発行手数料 無料】


(1)予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
(2)我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。
  ※令和3年7月21日時点で、新型コロナワクチン接種証明書を入国の際に提示することにより防疫措置が免除又は緩和される国・地域
   ⇒外務省海外安全ホームページ( https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html ) 
 
したがって、次のような方は対象になりません。
・海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)。
・国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)。
 ※外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください。
 
●申請窓口
 ・能代市役所本庁舎 市民保険課総合窓口(10~12番窓口)
 ・二ツ井地域局 市民福祉課窓口(3番窓口)
※郵送による申請の場合、申請書と添付書類を下記宛に送付してください。
 〒018-8501 能代市上町1番3号 健康づくり課新型コロナワクチン担当 宛

●申請に必要なもの
(1)接種証明書申請書
(2)海外渡航時に有効な旅券(パスポート)【写し】 ※1
(3)コロナワクチン接種券(接種済証)または接種記録書【写し】 ※2
  《(3)がない場合、マイナンバーがわかる書類または接種時の住所が記載された本人確認書類【写し】》

※1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。
接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。
旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。
また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。

※2 医療従事者等の優先接種対象者で「接種券付予診票」で接種を受けた場合、ワクチン番号等が記載されたシールが貼付された【接種記録書】が渡されています。