令和2年度の保険料はいくらかかるの?

●保険料について
・後期高齢者医療保険の加入者(=被保険者)1人ひとりに納めていただきます。
・保険料を決める基準(保険料率)は、2年ごとに見直しされ、秋田県内全ての市町村均一となります。

●保険料の計算方法
 令和元年中(令和2年度住民税の課税対象分)の「総所得金額等」(関連リンクをご覧ください)によって決まります。
 

令和2・3年度

年間保険料額
(限度額64万円)  

均等割額
被保険者1人あたり43,100円




 

所得割額
(総所得金額等-33万円)
×8.38%

 

 ■ 均等割額

計算方法

 均等割(43,100円/年)の軽減に該当するかどうかを、右表のとおりに判定します   

注意点

・専従者給与は事業主の収入として計算されます

・1月1日時点で65歳以上である方は、軽減を判定する際の年金所得を「年金収入-(年金控除+15万円)」とします

区分

軽減後の
均等割額

世帯内の「被保険者+世帯主」の総所得金額等の合計額が・・・

7.75割軽減

9,697 円

 「基礎控除(33万円)」を超えない世帯。
※段階的に見直しを行い、令和3年度は本則の7割軽減となります。

7割軽減

12,930 円

 基礎控除(33万円)以下で、かつ世帯内の被保険者が全員「(年金収入-80万円)+総所得金額等の合計が0円以下」である

5割軽減

21,550 円

 「基礎控除(33万円)+
28.5万円×世帯の被保険者数」以下

2割軽減

34,480 円

 「基礎控除(33万円)+
52万円×世帯の被保険者数」以下

軽減無し

43,100 円

 上記に該当しない

 
※令和2年度は、8割軽減及び8.5割軽減が廃止され、それぞれ7割軽減・7.75割軽減となります。
○「5割軽減」と「2割軽減」の対象者が拡充されます。

 
  所得割額

計算方法

 「所得割計算のもととなる所得」×「所得割率」の合計を計算します

注意点

・右の計算で「所得割額」が0以下となった場合は、「所得割額」は0円です

 A.「所得割計算のもととなる所得」

  =「総所得金額等」-「33万円」

 B.「所得割率」

  = 「8.38%」

「所得割額」= A × B

 ■ 年間保険料

計算方法

 「均等割額」と「所得割額」を足して、100円未満を切り捨てます

注意点

・上限額は64万円です。

 「均等割額」と「所得割額」を足して、12か月分の保険料(年間保険料※1)を計算します。

 均等割額

 年間保険料※1

(4月~翌年3月分)

 所得割額

 ※1は12ヶ月分なので、年度の途中で資格を取得・喪失した方は、※1加入期間で割ります

年間保険料

※1

×

加入月数
―――――
12

年間保険料

※2

 ※2100円未満の数字を切り捨てると、その年度分として支払う保険料の額が計算されます

 (例)※2 が 9,697円 だった場合

    → 支払う保険料は 9,600円 となります。

 もしも…
  年間保険料※1 が64万円を超えた場合、年間保険料※1は64万円として計算されます。

特例

制度加入前日に職場の健康保険等の被扶養者であり、制度加入後2年を経過していない
(国保や国保組合に加入されている方は対象になりません。)
  均等割は5割軽減。所得割はかかりません。



▼令和2年度の年間保険料の計算例
 
・加入者1人世帯の場合
年金収入額 均等割額/年間 所得割額/年間 年間保険料

 800,000

円以下

12,930円 【7割軽減】

 

0円

 

12,900円

1,530,000

9,697円【7.75割軽減】

0円

9,600円

1,800,000

21,550円 【5割軽減】

22,626円

44,100円

2,000,000

34,480円 【2割軽減】

39,386円

73,800円

2,500,000

43,100円【軽減なし】

81,286円

124,300円


・加入者2人世帯(加入者Aは世帯主、加入者Bの年金収入を80万円以下)とした場合

 
加入者Aの
年金収入額
加入者A 加入者B
均等割額 所得割額 保険料 保険料

800,000

円以下

12,930円 【7割軽減】

0円

12,900円

12,900円

 1,600,000

9,697円【7.75割軽減】

5,866円

15,500円

9,600円

2,000,000

21,550円 【5割軽減】

39,386円

60,900円

21,500円

2,500,000

34,480円 【2割軽減】

81,286円

115,700円

34,400円

3,000,000

43,100円【軽減なし】

123,186円

166,200円

43,100円


 ・その他の場合

たとえば 均等割額 所得割額 保険料 備考
自分の所得はないが、世帯主の総所得金額等が軽減に該当しない場合など

43,100円

【軽減なし】

0円

43,100円

  均等割のみ賦課

加入日前日に社会保険等の
被扶養者であり、制度加入
2年を経過していない者
(均等割の7割又は7.75割軽減に該当しない)

21,550円

【5割軽減】

0円

21,500円

均等割は5割軽減

所得割は賦課されない

所得が高い者

43,100円

【軽減なし】

596,900円

【軽減なし】

640,000円

賦課限度額64万円



◎ 令和2・3年度の保険料率で算定した秋田県内の一人当たりの平均保険料年額(均等割の軽減措置などを適用した額)は、 47,328 の見込みです。



 

   お問い合わせ先

 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
  (能代市役所 新庁舎1階 1~4番窓口)
   電話:0185-89-2159

 二ツ井地域局市民福祉課 市民国保係
  (二ツ井町庁舎 1階 2番窓口)
  電話:0185-73-2114