新型コロナウイルスに関連した肺炎について

                               令和2年2月18日(火)現在

2019年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を皮切りに、新型コロナウイルス関連肺炎が国内外で発生しています。
インフルエンザや風邪が多い時期ですので、感染対策の一環として日常的な手洗い等の手指衛生や咳エチケットを徹底しましょう。

コロナウイルスとは
人や動物の間で広く感染を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものは、今回の新型を除きこれまでに6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすものはSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)の2種類で、その他は感染しても通常の風邪などの症状にとどまります。コロナウイルスは、咳などによる飛沫感染やウイルスで汚染された手指等を介して接触感染することが知られており、予防策としては手洗い等の手指衛生の徹底等、通常の感染対策を行うことが重要です。
 

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴えることが多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)と言われています。

 

新型コロナウイルスを防ぐには

・インフルエンザと同じように手洗いや咳エチケットを心がけましょう
・持病のある方、ご高齢の方は、できるだけ人ごみの多い場所を避けるなどより一層注意してください。

咳エチケット…
咳やくしゃみをするときは、周りへの感染を防止するため、ティッシュなどで口と鼻を覆いましょう。
使用したティッシュはウイルスなどの病原体が付着しているため、すぐにゴミ箱へ捨て、その後十分な手洗いをしましょう。

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと
発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

2.帰国者・接触者相談センターに相談する目安
○以下のいずれかに該当する方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や、息苦しさ(呼吸困難)がある。

○なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに相談してください。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

(妊婦の方へ)
 妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者センターにご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)
 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

○なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医にご相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

○帰国者・接触者センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

  

 新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センター

  ○秋田県 能代保健所 健康・予防課
   電話番号0185-52-4333(直通)
   受付時間 9時~17時 ※土日祝日を除きます

  ○秋田県 健康福祉部 保健・疾病対策課(健康危機管理班)
   電話番号018-860-1427(直通)
   受付時間 9時~21時 ※土日祝日も相談を受付けしています

 

 厚生労働省の電話相談窓口

 ・電話番号0120-565653(フリーダイヤル)
 ・受付時間 9時~21時  ※土日祝日も相談を受付けしています