高齢者用肺炎球菌定期予防接種のお知らせ

高齢者用肺炎球菌予防接種を受けましょう。
   ~接種費用の一部(4,000円)を助成します~



 高齢者用肺炎球菌予防接種費の助成については、平成26年10月から、原則65歳の方を対象とするとともに、平成30年度までの5年間の経過措置として、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方を対象とし、定期予防接種として実施してまいりました。平成31年度からは65歳の方のみが対象となる予定でしたが、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会において、接種率の視点、疾病重篤度の視点、制度の周知に関する視点、接種記録の視点から総合的に検討が行われた結果、 平成31(2019)年度から令和5(2023)年度までの5年間、引き続き、年度末年齢が65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳にある方を定期接種の対象とする 旨、厚生労働省から通知がありました。


【令和3年度の対象者】
 1.下記の年齢になる方(年度末年齢)
・65歳  昭和31年4月2日生~昭和32年4月1日生の方
・70歳  昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生の方
・75歳  昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生の方
・80歳  昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生の方
・85歳  昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生の方
・90歳  昭和 6年4月2日生~昭和 7年4月1日生の方
・95歳  大正15年4月2日生~昭和 2年4月1日生の方
・100歳  大正10年4月2日生~大正11年4月1日生の方

 ※上記の対象者には、事前に予防接種予診票(ピンク色)をお送りしています。
  届いていない方、紛失した方は医療機関を受診する前に健康づくり課(58-2838)へ
  連絡してください。

2.満60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓又は呼吸器の機能又HIVによる免疫の
  機能に身体障害者手帳1級程度の障がいがある方



  
※過去にニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)
   を接種した方は、今回の定期予防接種の対象にはなりません。



【助成内容】
 
生涯1回のみ

【接種期間】
 令和3年4月1日~令和4年3月31日

【接種料金】
 医療機関によって違います。
 請求時に4,000円を引いた額が請求されます。
 ※上記対象者のうち、生活保護受給者は無料です。




【新型コロナワクチンとの接種間隔】
高齢者肺炎球菌ワクチンと新型コロナワクチンの接種間隔については、2週間以上あけての接種をお願いいたします。
<例1>新型コロナワクチンを先に受ける場合
1回目:新型コロナワクチン(ファイザー社製)
        ↓3週間あける
2回目:新型コロナワクチン(ファイザー社製)
        ↓2週間以上あける
    高齢者肺炎球菌ワクチン

<例2>高齢者肺炎球菌ワクチンを先に受ける場合
    高齢者肺炎球菌ワクチン
        ↓2週間以上あける
1回目:新型コロナワクチン(ファイザー社製)
        ↓3週間あける
2回目:新型コロナワクチン(ファイザー社製)

※いずれの場合も、新型コロナワクチンの1回目と2回目の間には、高齢者肺炎球菌ワクチンを受けないようご注意ください。