ロタウイルスワクチンの予防接種が定期接種になります

令和2年10月1日より、ロタウイルスワクチンが定期予防接種となります。


<ロタウイルス感染症とは>
 ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0歳~6歳頃)にかかりやすい病気です。ロタウイルスは感染力が非常に強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまいます。乳幼児の場合は激しい症状が出ることが多く、下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛などの症状が出ます。脱水症状がひどくなると点滴・入院が必要になる場合があり、生後すぐに感染する場合もあるため、早い時期にワクチン接種を完了させる必要があります。


<ロタウイルスワクチン予防接種の概要>
 ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも経口投与(飲む)生ワクチンです。原則は、同じワクチンで決められた回数の接種が必要です。

1.対象者
 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん
 ※7月までに生まれたお子さんは定期接種の対象とはならず、接種した場合は自己負担となります。
 ※8月1日以降に生まれたお子さんでも、9月30日以前に接種を受けた場合は自己負担となります。

2.開始時期
 令和2年10月1日

3.接種回数・方法
ワクチンの種類    対象年齢     間隔 回数     標準的な接種間隔 
1価ワクチン
(ロタリックス) 
生後6週から
生後24週まで
27日以上 2回
1回目の接種は生後2か月から生後14週6日までに実施することを推奨。2回目の接種は1回目から27日以上の間隔をおいて実施し、生後24週までに終了すること。
 
5価ワクチン
(ロタテック)
生後6週から
生後32週まで
27日以上 3回
1回目の接種は生後2か月から生後14週6日までに実施することを推奨。2回目の接種は、1回目から27日以上の間隔をおいて実施。3回目の接種は2回目から27日以上の間隔をおいて実施し、生後32週までに終了すること。
 
※安全性の観点から、生後15週以降の初回接種はお勧めしません。

4.予防接種の予診票・接種券について
 対象者へは、個別に郵送します。