【文化芸術】大原省三生誕100周年記念絵画展を開催します

大原省三生誕100周年記念絵画展

能代市出身の洋画家であり、美術教師や手話研究者としても活躍した、
故大原省三氏の生誕100周年を記念して、絵画展を開催します。
ご子息や関係者の協力を得て、約30点の絵画を展示いたしますので、
この機会にぜひご来場ください。

 ●日 時  令和2年11月7日(土)~11日(水)
       午前9時~午後5時
 ●会 場  能代市文化会館 中ホール(能代市追分町4-26)
 ●入場料  無料   
 ●問 合 せ  能代市教育委員会 生涯学習・スポーツ振興課
       0185-73-5052   

※この催事は新型コロナウィルス感染症対策を講じて開催します。
 会場ではマスクをご着用ください。
※今後の流行状況によっては、予定が変更となる場合があります。
 最新情報は市ホームページ等をご確認ください。



… 大原省三氏 略歴 …
1920(大正9)年-1992(平成5)年
能代市畠町生まれ。9歳の時病で聴力を失う。秋田県立盲唖学校をへて、
東京聾唖学校(現筑波大学附属聴覚特別支援学校)西洋画科へ進学し絵画を学ぶ。
18歳で光風会展初入選。以後母校の教師をしながら創作活動を続け、日展ほか
入選多数。1976年日展会友。1990年勲五等双光旭日章受賞、能代市制50
周年記念特別表彰。手話研究者としても活躍した。1992年没(享年72歳)。