新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯への就学援助について

 能代市では、経済的な理由により小・中学生の教育費の負担が困難なご家庭に、学用品費、学校給食費、修学旅行費等の援助を行っていますが、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の収入が大幅に減少した世帯について収入状況等を確認したうえで追加認定することとしました。
 就学援助申請書および就学援助申請に関する申立書に必要事項を記入し、必要書類を添付して申請してください。
 ※関連ファイルから申請書や案内をダウンロードできますので、参考にしてください。
     
【就学援助の対象世帯】
 小・中学校に就学している児童生徒の保護者のうち、次のいずれにも該当
  ・保護者の令和2年の収入が令和元年の収入の10分の3以上減少している。
  ・令和2年の収入等から計算した所得金額が生活保護基準の1.2倍未満である。
 ※通常、前年の所得で審査しますが、令和2年1月以降の収入等の状況を加味して審査します。

【就学援助支給費目】
  1.学用品費及び通学用品費
  2.体育実技費
  3.新入学用品費
  4.修学旅行費
  5.通学費
  6.学校給食費
  7.医療費
    ※学校定期検診で治療の必要性があるとされ、学校から治療の指示を受けた、
     う歯(矯正治療は対象外)、結膜炎、中耳炎、慢性副鼻腔炎等の自己負担額。
  8.校外活動費
  9.生徒会費(中学校のみ)

【申請書類】
  1.令和2年度就学援助申請書
  2.令和2年度就学援助申請に関する申立書
  3.添付書類
     申立区分の状況が分かる書類の写し  
     ・給与支払明細書等  ・離職票、退職証明書等  ・年金証書
     ・事業収入の場合、令和2年分と令和元年分の帳簿等
     ・公的な書類等で申立区分が分かる書類   ・その他収入等の状況が分かる書類
     ※令和2年1月1日現在、他市町村にお住まいだった方は、令和元年分の収入が
      分かる書類

【申請書の提出期限】
  令和2年5月から令和3年3月
  ※随時受付していますが、申請書受付月からの認定となります。

【受給資格の認定】
  保護者(世帯)の収入の状況等を審査の上、結果を郵送します。
      ※令和2年9月までに申請した世帯については、申請月から9月までの収入等の状況が分かる
   書類を10月に提出していただき、再度審査します。

【申請書等の提出先】
  各学校、学校教育課、能代教育事務所