きみまちの里フォトコンテスト2020入賞作品発表

「きみまちの里フォトコンテスト2020」に、多くの皆さんからの応募いただきありがとうございました。

2021年1月22日、審査会を開催し、次の作品が入賞となりました。
今回、入賞とならなかった方々の作品も大変素晴らしいものばかりでした。
あらためて、ご応募に感謝いたします。

このコンテストは、秋田県能代市二ツ井地域の自然や文化、行事などの魅力を市内外にPRするために開催しているものです。
2020年のコンテストのテーマを 誰かに見せたい、ふたついの風景 とし、桜の開花時期から紅葉の終わる11月30日まで募集したところ、全国各地の30人から102作品の応募がありました。

2021年も春ごろからフォトコンテストの開催を予定していますので、多くの皆さんの応募をお待ちしています。

入賞作品の展示期間延長のお知らせ

2月26日までの展示を予定していましたが、ご好評につき作品展示期間を延長いたします。
この機会に是非ご覧ください。
日時  2021年2月10日水曜日から4月上旬
    午前8時30分から午後5時15分
場所  能代市二ツ井町庁舎1階

入賞作品

最優秀賞  万燈夜に浮かびあがる高岩神社
       山田康広さん(能代市)


優秀賞  桜道
     畠山麻紀さん(能代市)


優秀賞
  神秘の輝き
     山田みどりさん(能代市)



入賞
(作品名をクリックすると画像で見ることができます) 
・恋文彩葉  太田弓子さん(潟上市)
・秋の小掛不動滝  児玉政敏さん(三種町)
・地上50mの空間  斎藤 悟さん(青森県弘前市)
・ハート  佐藤美優さん(能代市)※正しいタイトルはハートマークの記号  
・落ち葉を踏みしめて  下妻 覚さん(能代市)
・晩秋の記憶  関口美奈子さん(能代市)
・夫婦杉  田森公平さん(能代市)
・身を清める  成田憲太郎さん(能代市)
・岩壁の河岸  畠山健人さん(能代市)
・みゆき橋暮色  米森由丸さん(八峰町)