空き店舗流動化支援事業の助成制度一部変更のお知らせ

 能代市では、空き店舗の流動化を促して商店街の振興を図るため、空き店舗を取得・賃借し開業しようとする方に対する助成を行っていますが、現在の制度の一部を以下のとおり変更いたします。(※変更箇所は朱書き部分です。)
 なお、令和3年12月31日までに開業した方については、これまでどおりの取り扱いとなります。
(※以下の変更内容は令和4年1月1日以降に開業する方から適用されます。
 
変更前(※変更部分のみ抜粋)
令和3年12月31日までに開業する方
変更後(※変更部分のみ抜粋)
令和4年1月1日以降に開業する方
助成対象事
業及び対象
 次のいずれかの要件に該当する方で、いずれの場合もその店舗で1年以上継続して営業する見込みが必要です。

(1)空き店舗を取得し開業しようとする方
【改装費】
改装費の全額で、120万円または1平方メートルあたり3万円のいずれか低い方を上限とします。

(2)空き店舗を賃借し開業しようとする方
【改装費】
改装費の全額で、120万円または1平方メートルあたり3万円のいずれか低い方を上限とします。
【賃借料】
賃借する物件の店舗部分について、家賃の2分の1を助成します。(助成期間:開業した翌月から最大24ヵ月間 上限:月額あたり4万円
 次のいずれかの要件に該当する方で、いずれの場合もその店舗で1年以上継続して営業する見込みが必要です。

(1)空き店舗を取得し開業しようとする方
【改装費】
改装費の2分の1以内の額で、120万円または1平方メートルあたり3万円のいずれか低い方を上限とします。

(2)空き店舗を賃借し開業しようとする方
【改装費】
改装費の2分の1以内の額で、120万円または1平方メートルあたり3万円のいずれか低い方を上限とします。
【賃借料】
賃借する物件の店舗部分について、家賃の2分の1を助成します。(助成期間:開業した翌月から最大24ヵ月間 上限:月額あたり3万円
※この制度でいう「開業」とは、当該空き店舗において、週3日以上、正午を含む4時間以上の営業を開始することを示します。
※制度の詳細は「空き店舗流動化支援事業」のページをご覧ください。