令和4年度能代市青少年健全育成活動方針

~家庭・学校・地域の力で青少年を育みます~

1 基本方針

 能代市の将来を担う青少年を健全に育成するためには、青少年が規範意識をもち、市民の一員として自覚と誇りがもてるよう、家庭・学校・地域が一体となって成長を支えていく必要があります。

 家庭では、愛情をそそぐことで心身の健康を育み、学校では、授業や様々な体験活動を通して学力や社会性、就労意欲を高める必要があります。また、地域においては非行防止や有害環境からの保護に努め、ボランティアや世代間交流の機会を提供することで、青少年の自立・成長を促すことが求められています。

 そして、それぞれが連携し情報を共有しながら、市民全体で健全育成に取り組んでいきます。

2 目標

(1) 心とからだの健康づくりの推進

    青少年の心とからだの成長のため、健康で安心できる生活基盤・支援体制の整備に努めます

(2) 社会への参加機会の拡充

    様々な体験を通して学びの機会を提供し、青少年の自立を支えます

(3) 健全な社会環境づくりの推進

    青少年の成長のため、居場所づくりや非行防止・有害環境からの保護に努めます

(4) 家庭・学校・地域・職場・関係機関との連携強化

    青少年の健全育成のため、社会全体で取り組むことに努めます

3 重点的な取組

~声をかけ合いながら地域社会とのつながりを深めましょう~

 長引くコロナ禍において、人と人との交流や社会参加活動に様々な制約を受け、オンラインによる交流や学習が急激に加速しています。感染への不安が解消されるものの、青少年の地域社会へ対する意識の低下や、活動自粛による閉塞感からスマホ等を長時間にわたって使用するなど、メディアへの依存やネットトラブルが懸念されています。
 次代を担う青少年が、地域社会の一員として心豊かに成長するためには、家庭での見守りだけではなく、家庭・学校・地域・関係機関等の連携による健全育成に向けた取組が大切です。
 家庭は、子育ての中で子どもの倫理観や自主性を育むよう温かく見守り、学校・関係機関は、保護者への正しい情報提供により、情報モラルや家庭教育の向上を啓発するなど、地域全体で青少年の成長を見守り、あいさつや声をかけ合いながら地域社会とのつながりを深めましょう。