能代市子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)の支給について

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

1 支給額

対象児童ひとりにつき一律5万円
※すでにひとり親世帯分の給付金を受け取っている場合や、他市町村で同給付金を受け取っている場合は対象となりません。

2 対象者

平成15年4月2日(特別児童扶養手当の認定を受けている場合は平成13年4月2日)から令和4年3月31日生まれの児童を養育している父母等で、以下①②のいずれかに該当する方

①令和3年度の住民税均等割が非課税
②新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年1月以降の収入が住民税非課税相当となっている方(家計急変者)
  ※家計急変の該当については、こちらの資料【家計急変者の判断方法】をご覧ください。

申請が必要な方と不要な方がおりますので、詳しくは下記「3 受取方法」をご覧ください。

3 受取方法

対   象   者

申 請 の 要 否

A
①の非課税に該当し、
令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者、新規児童手当・特別児童手当受給者となっている方


 
申請は不要です

対象の方には7月19日(月曜日)に給付金のお知らせを発送しております。

また、非課税の方で新たに該当となる場合(新生児が生まれた 等)は、随時お知らせをお送りします。

 B
①の非課税に該当し、
平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの児童(高校生等)を養育している方 

 申請が必要です

詳しくは、下記「4 申請方法」をご覧ください。

C
の家計急変に該当する方

 ※公務員の方はいずれも申請が必要です。 

4 申請方法(申請が必要な方のみ)

 
【必要な書類】

B に該当する非課税の方
(1)子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)申請書
    
※児童手当を受給している公務員の方は、所属庁の証明が必要です。 
(2)申請者本人確認書類
 ・運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等の写し
(3)受け取り口座の通帳やキャッシュカード等の写し

C に該当する家計急変の方
(1)子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)申請書
(2)簡易な収入見込額の申立書
(3)簡易な所得見込額の申立所※収入見込額の申立書で収入基準を超えてしまった方のみ
(4)収入額がわかる書類
 ・令和3年1月以降任意の1か月分給与明細書、年金振込通知書の写し
 ・事業収入や不動産収入にかかる経費の金額がわかる書類
(5)申請者本人確認書類
 ・運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等の写し
(6)受け取り口座の通帳やキャッシュカード等の写し

【申請受付期間】
令和3年7月26日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)必着
※令和4年3月中に本給付金の該当者になった場合は令和4年4月15日(金曜日)まで申請可能です。

【申請受付窓口】
能代市子育て支援課窓口(本庁舎2階)

注意事項

・給付金の支給後に支給要件に該当しないことが判明した場合は、給付金を返還していただく必要があります。
(修正申告等をして、住民税課税になった場合、同一の児童について二重に給付金を受給した場合 など)

・未申告の場合は本給付金の審査ができませんので、申告がお済みでない方はお早めに申告の手続きをしてください。

・給付金を希望しない場合は、受け取り拒否の届出が必要ですので、「受給拒否の届出書」を子育て支援課へご提出ください。

※児童手当等の受給口座が解約等で使用できない場合は、届出が必要ですので、「支給口座登録等の届出書」を子育て支援課へご提出ください。

給付金を装った詐欺にご注意ください。
給付金について、能代市からATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることはありません。不審な電話があった場合は能代市役所または最寄りの警察署にご連絡ください。