特定空家等に対する措置の命令について

 空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号)第14条第3項の規定に基づき、倒壊危険のある下記特定空家等について、措置をとることを命じました。
 措置を命じた場合、特別措置法ではその旨を公示することとされており、第三者に不測の損害を与えることを未然に防止するためお知らせします。
   

1 対象となる特定空家等 

    所在地 秋田県能代市二ツ井町字五千苅95番地2
    用途  居宅 木造2階建

2 措置の内容
  全体的に老朽化が進み、建物が歪んできており、このままの状態が続けば、倒壊の危険性があるため、修繕または除却等により、早急に危険を回避するよう命ずる。

3 命ずるに至った事由
  当該物件は、用水路上に鉄骨を渡し、その上に建設された建物で、鉄骨の腐食や土台となっている木材が破損し倒壊のおそれがある。倒壊した場合、水路を塞ぎ周辺住民の生活に支障をきたすおそれがあり、また、県道と市道に接しているため、このまま放置すれば建物の倒壊等著しく保安上危険であり歩行者や通行車両に被害を与える危険性があるため、早急に改善するよう命ずるもの。

4 措置の期限
    令和3年11月12日