市からの避難情報について

避難情報の違いを知っておきましょう

水害や土砂災害について、市町村が出す避難情報と
国や都道府県が出す防災気象情報が、5段階に整理されました。



警戒レベル3】高齢者等は避難

とるべき行動


  避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。
 

市から発信される避難情報


要援護者避難 避難準備・高齢者等避難開始

 指定緊急避難場所はこちら

 

 指定避難所はこちら

 


【警戒レベル4】※全員避難

 

  とるべき行動


  速やかに避難先へ避難しましょう。
  公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
 

市から発信される避難情報


   避難勧告
   
   避難指示(緊急)

  ※避難指示(緊急)は緊急的又は重ねて避難を促す場合等に発令し
     ます。

 



【警戒レベル5】

  とるべき行動


 既に災害が発生している状況です。
 命を守るための最善の行動をとりましょう。
 

市から発信される避難情報


    災害発生情報
 
※災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で
      発令します。
 


なお、警戒情報が発令されていなくても、災害の危険が迫っていると自ら判断した場合は、
必要に応じて、近くの安全な場所、もしくは屋内の安全な場所に自主避難してください。

※詳細は内閣府「防災情報のページ」をご覧ください。