第2期能代市子どもの未来応援計画策定委員会設置要綱

令和4年6月14日
告示第96号

第1条(設置)

 子どもの貧困対策の推進に関する法律(平成25年法律第64号)の基本理念にのっとり、本市における子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的とした第2期能代市子どもの未来応援計画(以下「計画」という。)を策定するため、第2期能代市子どもの未来応援計画策定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

第2条(意見及び助言)

 市長は、計画の策定に当たり、次に掲げる事項について委員会の委員に意見及び助言を求める。

(1)  計画の基本的な方針に関すること。
(2)  貧困対策に関する施策に関すること。
(3)  計画全般に関すること。

第3条(組織及び委員の任期)

 委員会の委員は、15人以内とし、能代市子ども・子育て会議条例(平成25年能代市条例第22号)第2条第2項で定める者のうちから市長が委嘱する。

2 委員の任期は、委嘱の日から計画策定の日までとする。

第4条(委員長及び副委員長)

 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、委員会を総括する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

第5条(会議)

 委員会の会議は、必要に応じて委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。

第6条(謝金)

 委員には、予算の範囲内で謝金を支払う。

第7条(庶務)

 委員会の庶務は、市民福祉部子育て支援課において処理する。

第8条(その他)    

 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

      附 則

 (施行期日)

1 この告示は、令和4年6月14日から施行する。

 (この告示の失効)

2 この告示は、計画策定の日限り、その効力を失う。