人権デーと人権週間について

人権デー

12月10日(世界人権宣言が採択された日)

第73回人権週間

令和3年12月4日(土)~10日(金)


法務省の人権擁護機関では、昭和24年(1949年)から毎年、人権デー(12月10日)を最終日とする1週間(12月4日から12月10日)を「人権週間」と定めています。




 


















令和3年度 啓発活動重点目標 ~人権啓発キャッチコピー

「誰か」のこと じゃない。
             


令和3年度 啓発活動強調事項

1.女性の人権を守ろう
2.子どもの人権を守ろう
3.高齢者の人権を守ろう
4.障害を理由とする偏見や差別をなくそう
5.部落差別(同和問題)を解消しよう
6.アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう
7.外国人の人権を尊重しよう
8.感染症に関する偏見や差別をなくそう
9.ハンセン病患者・元患者・その家族に対する偏見や差別をなくそう
10.刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
11.犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
12.インターネットによる人権侵害をなくそう
13.北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
14.ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
15.性的指向及び性自認(性同一性)を理由とする偏見や差別をなくそう
16.人身取引をなくそう
17.東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう




インターネット人権相談など、詳しくは関連リンク(法務省:人権週間、法務省:人権擁護局、秋田県人権啓発活動ネットワーク協議会)をご覧ください。