家屋の評価の仕組み

●家屋の評価
総務大臣が定める「固定資産評価基準」に基づいて評価額を計算します。
評価額は、新築、在来家屋ともに「再建築価格」を基準とする方法によって求めます。

新築家屋の場合
評価額=再建築価格×経年減点補正率
※再建築価格・・・評価する家屋と同じものを評価時点においてその場所に新築するとした場合に必要とされる建築費。
※経年減点補正率・・・家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗状況による減価等をあらわしたもの。

●在来家屋(新築家屋以外)の場合
 3年ごとに評価額の見直し(評価替え)を行います。
 評価額は、新築家屋の評価と同様に求めますが、再建築価格は建設物価の変動分を考慮します。仮に、建設物価が上がると前年度の評価額より高くなる場合がありますが、その場合は評価額を引き上げることなく前年度の評価額を据え置きます。