子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について

 子宮頸がんを予防するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは、平成25年度から
予防接種法に基づく定期接種となりました。
 しかし、平成25年6月14日付け厚生労働省の勧告により、積極的な接種勧奨を差し控
えることとなりました。
 現在も差し控えは継続されていますが、定期接種としての位置づけに変わりはなく、対象
者が接種を希望した場合に、公費で接種することができます。

 対象者及びその保護者の皆さまに、HPVワクチンがあることについて知っていただくと
ともに、有効性・安全性に関する情報等を提供するためリーフレットが改訂されましたので、
接種について検討・判断するためにご活用ください。 

1.対象者
 小学校6年生から高校1年生相当の女子
 ※標準的な接種年齢は中学校1年生です。
 ※高校1年生相当の年度の3月31日までです。対象年齢を過ぎると自己負担になります。

2.接種回数・間隔
 HPVワクチンは2種類あり、同一のワクチンを3回接種します。 
ワクチンの種類 回数 標準的な接種間隔
2価ワクチン
(サーバリックス)
3回
初回接種から1カ月後に2回目、初回接種から6カ月後に3回目を接種
4価ワクチン
(ガーダシル)
3回
初回接種から2カ月後に2回目、初回接種から6カ月後に3回目を接種

3.予防接種の予診票・接種券
 接種を希望される方に個別に送付しますので、電話やメールなどでお問い合わせください。



ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の積極的勧奨の差し控えについて
 
平成25年6月14日付け厚生労働省の勧告により、積極的な勧奨を差し控えることになりました。
 ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)(厚生労働省リンク)


予防接種を受けた後に体調が悪くなった方の相談窓口

 行政の相談窓口など、秋田県ホームページをご覧ください。
 美の国あきたネット ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)について(秋田県リンク)

厚生労働省リーフレット
 小学校6年から高校1年相当のお子様及びその保護者の方へ(概要版)(厚生労働省リンク)
 小学校6年から高校1年相当のお子様及びその保護者の方へ(詳細版)(厚生労働省リンク)
 HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ(厚生労働省リンク)
 医療従事者の方へ(厚生労働省リンク)