予防接種 忘れていませんか?

 
 お母さんから赤ちゃんへの最初のプレゼントである「病気への抵抗力(免疫)」は、百日咳では生後3か月、麻しん(はしか)では生後12ヶ月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると子どもは病気にかかりやすく、また病気によっては重症になることもあります。それに加え、発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性が高くなります。
 予防接種を受けることで予防できる病気もあります。まだ受けていないものがありましたら、できるだけ早く接種しましょう。                                                         
定期予防接種名
接種回数
接種期間
四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)
4回
生後3か月~ 90か月未満
二種混合(ジフテリア、破傷風)
1回
 11~13歳未満
麻しん風しん
2回
 1期
 1歳~2歳未満
2期
 小学校入学前の1年間
日本脳炎
3回
1期
 3歳~7歳半未満
1回
2期
 9~13歳未満
BCG
1回
 出生直後 ~ 1歳未満
ヒブ
4回※
 生後2か月~60か月未満
※接種回数は、開始時期により異なります。
1.生後2か月から7か月になるまでに接種を始めた場合は、4回接種
2.生後7か月から1歳になるまでに接種を始めた場合は、3回接種
3.生後1歳から5歳になるまでに接種を始めた場合は、1回接種
小児用肺炎球菌
4回※
 生後2か月~60か月未満
※接種回数は、開始時期により異なります。
1.生後2か月から7か月になるまでに接種を始めた場合は、4回接種
2.生後7か月から1歳になるまでに接種を始めた場合は、3回接種
3.生後1歳から2歳になるまでに接種を始めた場合は、2回接種
4.生後2歳から5歳になるまでに接種を始めた場合は、1回接種
水痘
2回
 
 1歳~3歳未満
 標準的には1回目は、1歳~1歳3か月まで
 2回目は、1回目から3か月以上の間隔で接種できます。標準的には6か月~1年経過した時期に行います。
B型肝炎 
3回
 2か月~1歳未満 
予防接種のスケジュール管理にご利用ください。
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
NPO法人VDPを知って、子どもを守ろうの会
◎子宮頸がん予防ワクチンについてのお知らせ
  子宮頸がん予防ワクチンの接種後に、まれに重い副反応がみられることがあります。現在、厚生労働省の勧告により、市では、積極的なお勧めを一時的にやめています。接種を希望される場合は、必ずワクチン接種の有効性と接種による副反応を十分にご理解いただいた上で接種してください。接種を希望し、予診票・接種券をお持ちでない方は子育て支援課までご連絡ください。

◎日本脳炎定期予防接種についてのお知らせ
  日本脳炎は平成17年度から積極的な勧奨を差し控えてきましたが、平成22年4月から新しいワクチンによる接種を開始しております。なお、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方の救済措置として、以下のとおり特例で定期予防接種をすることができます。対象になる方は確認のうえ、接種してください。
<特例措置の内容>
・平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方
 20歳未満までの間、定期予防接種をうけることができます。
・平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方
 1期の不足している回数を2期の定期接種の期間(9歳以上13歳未満)に定期接種(無料)として接種できます。なお、9歳前でも任意接種(実費)での接種は可能です。

◎麻しん風しん混合ワクチンについてのお知らせ
  4月は「秋田県はしか排除推進月間」です。はしかには特効薬はありませんが、ワクチンを2回接種すると、ほぼ全員がはしかにかからずに済みます。毎年、春~初夏にかけては、はしかの流行する時期です。接種は流行前の4月~6月までに受けることが望ましいとされています。早めに麻しん風しん混合ワクチン接種しましょう。接種を希望される方は、必要な書類をご持参のうえ、協力医療機関で接種してください。
※ 接種期間を過ぎますと、受診券は無効となります。
※ 予診票等を紛失した場合は、再発行いたします。母子手帳をお持ちになり、子育て支援課までお越しください。
  
◎能代市定期予防接種協力医療機関に予約して受診してください。
◎ご不明な点は、子育て支援課(TEL89-2948)までお問い合わせください。