【最大60万円】結婚新生活支援事業のご案内

結婚新生活支援事業チラシ画像 ご結婚おめでとうございます!


《令和4年度結婚新生活支援事業のご案内》
ご結婚に伴う新生活に必要な住居費や引越費用を助成します。
下記の条件に該当する方は、ご連絡ください。詳しい制度の内容や、申請方法をご案内します。

対象者の主な条件(次のすべてに該当する夫婦)
1.婚姻日
  令和4年1月1日から令和5年3月31日の間に婚姻した夫婦
  (夫婦のうち、いずれかお一人が申請してください)
2.年齢
  婚姻日における年齢がご夫婦共に39歳以下
3.所得
  令和3年分の所得がご夫婦合わせて400万円未満
  (申請日時点で離職している場合や、令和3年中に奨学金を返還している場合は、別途算定)
4.住所
  申請日時点で、申請に係る市内の対象物件に住所を定めていること
  (事情により、他方が同居前であっても申請できる場合があります)
  申請の日または同居を開始した日のいずれか遅いから2年以上継続して市内に居住する意思があること
※過去に他市町村で結婚新生活支援事業補助金(または類似の補助金)を受けたことがある場合は、申請できません。
対象経費
1.住宅取得(新築・中古住宅購入)費用
  婚姻日から遡って1年前以降に取得し、令和5年3月31日までに支払ったもの
2.住宅リフォーム費用
  婚姻日から遡って1年前以降に契約し、令和5年3月31日までに支払ったもの
3.住宅賃貸借費用
  令和4年1月1日から令和5年3月31日の間に支払った賃料、敷金・礼金、共益費、仲介手数料
  ・ご夫婦が同居していることを、住民票または契約書で確認できる期間に限ります。
  ・婚姻前から同居している場合は、婚姻日以降に支払った経費が対象となります。
4.引越費用
  婚姻に伴う引越のために、令和4年1月1日から令和5年3月31日の間に引越業者または運送業者へ支払ったもの
  ・引越であることが明確な経費に限ります。
  ・レンタカー等で運搬した費用や、引越プランではない宅配便を利用した費用は申請できません。
※いずれも、原則としてご夫婦のいずれかが契約者及び支払者である必要があります。
※上記のうち同一経費について他の公的制度から補助を受けている場合、申請できません。
補助額(上限)
・基本額             30万円まで
・ご夫婦いずれも29歳以下の場合 60万円まで
申請手続き
・まずはご連絡ください。
・申請可能な方か、対象となる経費はあるかについて、聞き取りさせていただいたのち、必要書類をご案内させていただきます。
・申請には契約書の写しや、領収書が必要となります。保管をお願いいたします。
・必要書類がそろっていれば、郵送でも受付可能です。

関連ファイルには、申請に必要な様式を掲載しています。
お問い合わせいただき、手続きをご確認後に、ご利用ください。

能代市結婚祝い金を申請された対象年齢のご夫婦には、順次、個別にご案内いたします。

お問い合わせ
電話 0185-89-2163
Eメール sougou@city.noshiro.lg.jp
LINE @noshiroclass に友だち登録し、トーク機能でお知らせください。