国民年金基金制度

国民年金基金制度は、国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)の上乗せとして、自営業の方やフリーランスの方などの老後の所得保障の役割を果たすものです。
ライフプランに合わせて年金額や受取期間を設計でき、加入後もプラン変更が可能です。

<加入と掛金>
加入できる方
・20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者(自営業者やフリーランスなど)の方
・60歳以上65歳未満の国民年金に任意加入されている方
・海外に居住されている国民年金に任意加入されている方
※国民年金保険料を納めている方
 厚生年金保険や共済組合等に加入している会社員や公務員(国民年金の第2号被保険者)、
 その配偶者等の方(国民年金の第3号被保険者)は加入できません。

・加入は口数制になっており、加入時の年齢や性別、加入口数によって年金額が決まります。
 受け取る年金は自分の将来設計に合わせて組立てられます。
・掛金は全額社会保険料控除の対象となり、確定申告により税金が軽減されます。
 また、受け取る年金も公的年金等控除の対象となります。
 ※遺族一時金は全額非課税です

※詳しくは、「国民年金基金 フリーダイヤル0120-65-4192」 にお問い合わせください。