受け取れる年金

<老齢基礎年金>
65歳から受けられる年金で、付加年金保険料を納めていた方は、200円×納付月数が上乗せされます。
 <老齢基礎年金の年額>
  ・令和元年度 … 780,100円
  ・令和2年度 … 781,700円
  (20歳~60歳まで保険料を納めた場合)

誕生月の約3か月前に、基礎年金番号などが印字された年金請求書が日本年金機構から送付されます。
窓口で請求手続きができるのは、誕生日の前日からとなります。
厚生年金に1月以上加入したことがある方は、年金事務所または出張相談窓口での手続きとなります。
すでに特別支給の老齢厚生年金を受給している方には、65歳の誕生月に請求はがきが送付されます。

【手続きに必要なもの】
・年金請求書(日本年金機構から送付されたもの)
・印鑑(認めでも可)
・振込先となる本人名義の預金通帳
※日本年金機構にマイナンバー登録されていない方は、住民票なども必要となる場合があります。

※繰り上げ・繰り下げ請求については、関連コンテンツ(内部リンク)をご覧ください。


<障害基礎年金>
病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、受け取ることができる年金です。
日本年金機構の審査により、障害の等級が国民年金法に規定する1級ないし2級になったときに受けられます。
初診日に厚生年金に加入していた方は、年金事務所または出張相談窓口での手続きとなります。
(初診日とは…病気やケガで初めて医師の診療を受けた日)
また、子の人数により加算があります。
 <障害基礎年金の年額>
  ・令和元年度 … 1級:975,125円、2級:780,100円
  ・令和2年度 … 1級:977,125円、2級:781:700円

※受給するには、初診日の前日において、次のいずれかの納付要件を満たしていることが必要です。
 20歳前に初診日がある場合は、納付要件はありませんが所得制限が設けられています。
・初診日のある月の前々月までの公的年金加入期間の2/3以上について、保険料が納付または免除されていること
・初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

※障害者手帳の1級、2級とは異なります。


<遺族基礎年金>
国民年金の加入者が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた「子のある配偶者」
または「子」が受け取ることができる年金です。
配偶者に支給される場合は、子の人数により加算があります。
 <遺族基礎年金の年額>
  ・令和元年度 … 780,100円(子1人加算の場合:1,004,600円)
  ・令和2年度 … 781,700円(     〃    :1,006,600円)

※受給するには、亡くなられた方の納付状況などの条件が設けられています。
・被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき
(ただし、公的年金加入期間の2/3以上について、保険料が納付または免除されていること)